商品力と知識

サロンの店販が、なかなか思うようにいかないという話をよくされます。
サロンの商品は、売るという概念では流れないと思っています。
なぜ、その商品を取り扱っているのか。そこに、サロンのコンセプトとの紐付けはできているのか?取り扱っているサロンのスタッフが支持しているものか?スタッフが、知識の共有ができしっかりと学習しているか。
これは、ポイントだと思っています。
例えば、cloverでは、サロンコンセプトに基づいて商品選択をしています。
そこには、お客様に伝えたい寄り添いたいというコトと提供したいモノが存在しています。そこに、しっかりと知識を持ったスタッフヒトがサポートします。流行り廃りではなく、スタンダードになる商品力を持つことはとても必要なことだと思います。
お客様、一人一人にあったものをお悩みに沿って選んであげる。この時点で、パーソナルサービスです。私達は、プロとしてまたはヘアドクターとしてお応えしていかなくてはならないと思っています。そこに、しっかりとした知識と経験とヒアリング力を持つこと。
「寄り添う」この、ものの溢れた情報社会の中で自分にあったものを自分で探すことは一昔前よりも難しくなっています。ネットの口コミでさえ本当かどうかも怪しい。。
じゃあ、何を信じて購入すれば良いのか???迷子になっている方の方が、圧倒的に多い。
美容師として、一人のお客様と向き合っているということは一番お客様の悩みや髪質・頭皮・体調や季節によっての変化などを知っているということです。そして、パーソナルケアを施しています。私たちが、きちんとアドバイスをしてあげることはとても必要なことです。
そこに、商品力と知識です。
サービスが丁寧に行き届けば、自然と店販は流れていくものです。
そして、購入後のアフターケアもしっかりするべきです。
売れれば良いのではなく、お客様のお悩みの解決に近づいているのか、使い心地はどうなのか、髪は・頭皮は良くなっているのか。
経過を共に、歩んでいく責任も私たちにはあるからです。
物を売ることが、サロン業務ではなく。お悩みに応えることが、サロン業務です。
ちなみに、cloverはスタンダードのヘアケアブランドの取り扱いは1社のみ。
アロエオーガニックeufora  http://www.euforajp.com
総売上に対しての商品売上は13〜15%。
お客様が、ヘアケアブランド eufora のファンになってくれています。
もちろん、サロンスタッフみんなが支持しています。
商品は、ただのモノではないということです。

人に歴史あり。。。。

自分の人生の長さは、自分ではわからない。。
人生の長さよりも、いかに生きたか。誰しも、自分史を日々綴っているから。
主人公は、紛れもなく自分。
毎日、更新してる。どんな自分も、その中にいる。
だから、自分の納得のいく日々を過ごすコトなのかなと思う。
毎日、小さな選択と決断を大人も子供もしている。
何を選んで何をするのか。その先に、道は続いている。
なりたい自分に近づいていくだろうし、やりたかった仕事ができるだろうし、
欲しかったものが手に入るだろうし、大切な人との繋がりができるだろう。。
手に入らないコトやものがあることを知るだろうし、挫折を味わうこともあると知るだろうし、今までにない気づきもあるだろう・・
最後に自分史を、振り返った時になかなかいい話だと思って終わりたいなと
心から思う。。
だから、1日1日思いっきりいろんな自分を楽しみたいと思う。
いろんなページを、開くように。。。。

女性美容師。。。

 

私は、女性美容師兼サロンオーナー兼メーカー講師兼2児の母兼ベーシストの妻をしています。
5個も、カテゴリーを持っています笑
女性美容師。
10代20代は、がむしゃらに美容の技術やカッコイイを模索して美容漬けの毎日。
でも、それも楽しい!!30代、仕事も少し落ち着き女性としての人生に興味を持ち始める時期。ここで、自分のためだけに時間とお金とエネルギーと全てを捧げていたけれど、、そろそろ、パートナーとの生活やら子供やらを考えたり。。。
そんなお年頃でした。
ここで、私は結婚、出産、起業全部を欲張ってやってしまいました。
ここで、女性美容師が働き続けることの壁にぶつかります。
育児と仕事の両立。自分の体力。精神力。
ありとあらゆることが、思うようにはいかない。
子供の成長も、今は今しかない。。さあさあどうするべきか、、
自分がまずモデルになって、サロンのスタッフが妊娠、出産、育児、仕事復帰をするまでの道のりを作っていかなきゃなと色々思案した時期です。
ネットで、個人経営者女性美容師とか散々検索したりしました(笑)
なかなか、参考になる記事も少なくこの3、4年でこの種のカテゴリーに力を入れる
サロンも増えましたが。9年前は、まだ全くと言っていいほど情報はありませんでした。。
結局、年子で出産を経験し産後約1ヶ月で現場復帰するというアメリカ並みのスピードで仕事をして来ました。このとき、NYの同僚の姿を見ていたのでこのスピードでの復帰も普通だと捉えるこができたことはありがたかったです。
ハサミを持たない時間が増えると、急に不安になったり色々な感情を産休育休の時は
みんな持つだろうなと思ったり。でも、赤ちゃんと過ごす時間もその時しかないので
焦らずに自分の時間を持つことの楽しみも持ってもらいたいなとのちに思いました。
女性美容師は、男性美容師に比べライフステージで大きな変化を体験します。
その変化を、強みに年齢を重ねるごとにまた違う味を出していけるとも感じます。
女性であるコトを、大いに楽しみながらこの仕事を続けていいって欲しいなと思います。きっと、ONとOFFの切り替えも女性の方が上手ですしね。。
40代に自分が突入して、どの年代でも美容師の仕事を通じて今の自分にしかできない
仕事ができるコトを改めて嬉しく思います。

ブランディングする前に。。

個人でも、サロンでもブランディングする前にやはりコンセプト。

あたりまえだけど、これがすごく大切。

なぜ、これをやりたいのか。自分の揺るがないポリシーを明確にする。

これがあれば、大きな壁が立ちはだかってもぶれることはありません。

自分の本質を見極めて、永続できるコンセプトをもてば時の経過とともに自ずとブランディングへの道がつづいています。

ローマは1日にしてならず。

一パーソンが、すぐにブランディングができるなんてかなり無謀な話です。

だから、コンセプトにはゆっくり時間をかけて自分との対話をしっかりして決めて行った方が良いと思います。

サロン経営の中では、本当にありとあらゆることがあります、、その時に、ふりかえって戻れるオアシスがmy concept 。

変わりゆく時代背景や、ものすごいスピードで進化するIT社会、世代の違いでの価値観の違い、惑わされるマーケティングマーケットなどなど色んな誘惑やトリッキーなことが後を立ちません。

それ故、ブレない軸を持つことが大切です。

実際、私もコンセプトが拠り所になりブランディングへと繋がりつつあります。

ヘアスタイリストは、あとどれくらい現役できるかわかりません。でも、生涯をかけてブレないコンセプトがまた私の老後に繋がることはまちがいないのです!

ヒト・コト・モノでツナガル

Cloverでは、移転してからイベントを2階のフリースペースで行なっています。
(うちは、3階建ての古民家です。)
移転した年に、熊本の震災がありました。
私は、大分県大分市の出身です。熊本の地震で、地元の友人がいろんなことをして
九州を立て直そうと盛り上げようと頑張っている姿を見ていてもたってもいられなくなりました。「お客様からは、実家は大丈夫?九州は、今どうなのかしら?」と
お声がけいただくことも多い時期でした。
そこで、今、九州に行くことはできないけど。こっちで、九州の美味しいものを食べて飲んで復興の支援はできるんではないかと思い。。。
すぐに、usukiorganiclaboratories の河崎くんに連絡しました。
東京で、できるイベントで復興支援をしたいと。。
そこから、すぐに河崎君が東京に来て打ち合わせをし話がまとまりました。
湯布院の地鶏や大分のお野菜を使って、スパイス食堂クーポノスの宮川園ちゃんにお料理を作ってもらいお酒のプロの友人伊東正樹にワインなどを頼み。。。
湯布院の旅館 山荘無塔量の志津野類君。湯布院のマークシャガール美術館の伊藤剛好君。彼らを紹介してくれたマルチな二宮幸子。
多くの方々の力添えで、cloverでFamer’s Party & Sandwich DIYを行うことができました。
当日は、cloverスタッフ・友人のボランティアスタッフとともに会場を整え
午前の部・午後の部で、総勢80名の方々が来場して九州を食し感じ、支援してくださいました。
サロンのお客様の多くの方がご家族やご友人と参加していただきました。
皆様の笑顔や、お言葉がとても心に残りました。
本当に、感謝です。
私はこのときに、あることを思いました。
何かをしたいと思ったり、人に伝えたいと思ったとき。
そのコトを、丁寧に真剣に向き合うと自分の思っている形よりもより良いことが実現できるということ。
やはり、想いは伝わります。
だから、自分の中で大切に扱う。そのしていると、不思議と協力者が増えたりその方が新たに協力者を連れて来てくれたりいろんな拡散が起こります。
その相乗効果で、さらに真剣になります。すると、小さなことも大きなことになります。関わる人の数もどんどん増えます。
何をするにしても、最初から全ての条件が揃っていたり余裕なことってないと思います。だから、モノやコト、人から始まるどれが最初でも、その一つを大切に進めて行くと自然と後の2個は付いて来ます。
だから、やはり自分の取り組みや行い次第なのだと思います。
よく、「こうしたかったとか、こうするつもりだったんだけど」と、ネガティブな言い訳をしているコトを聞くことがあります。
私は、聞いているときにこの人は自分に言ってるんだよね〜と思います。
聞いてくれてる相手を通して、自分にできなかった言い訳をしている。
だから、「そ〜なんだ〜」と相槌は打ちますが。で?と思ってしまいます。
やはり、何事も自分次第なのです。
そして、そこで得た繋がりをどのように繋いで行くかもまた、自分次第です。
人とのご縁は、本当に貴重なものです。
だから、私は自分が関わった大切な人とは形を変えてもちゃんと繋がっていきたいと
心がけています。
楽しい未来のために。。

経営とかお金とか・・

サロンのお金は、オーナーのお金ではない。
「みんなのお金」私は、この概念です。
収益が上がり、利益が出た時はスタッフみんなと楽しいことをすることにお金を使います。お客様を交え、楽しめるイベントを企画して共有することにお金を使います。
そして、サロンに専門家を入れています。
社労士さん、弁護士さん、行政書士さん、税理士さん。
雇用のことや国の助成金のこと、資金繰りなど、やはり専門家にお願いしておくことで損をすることはなくなりました。
個人事業主だと、自分で全部しなくてはとかわからない分野をわかった風にして損をしたりだんだん勘違いして使い込んだり。。お金に振り回されてしまうことも多々あるのではないかと思います。
第三者が介入することで、お店のお金を客観的に捉えて付き合うことができます。
そして、みんなのお金であるという認識がしっかりと出来る様になります。
個人で、事務をこなし売り上げをあげスタッフのことを考えお店のマーケティングをし
オーナー業は非常に頭と体と心を消耗します。
だから、難しいことや苦手なことはお願いできるなら人の手を借りて負担を減らすことをお勧めします。
コストは確かにかかります。でも、時間と心のバランスを考えた時きっとここはプライスレスです。(費用は、個人で違いますし)
そして、もっといろんな情報を教えてくれる場所があると良いなと思います。
私は、自分でなんでも探して出向いて知識を得たりこの9年他業種の方々の交流の中で知り得たことがたくさんありラッキーですが。。。
みんながみんな、そうではない。
だから、ディーラーさんが講習してくれるとかもっと美容業界に近い方々が
手を差し伸べてくれると個人事業主の方は助かるのではないかと思います。
技術や商材ももちろん、大切ですが。
経営にまつわるお金の話や、勉強はさすがにサロンでは教えてもらえません。
独立してから、みんな悩んだりどーしようとなるのです。。
その前に、ぜひ、お金や経営のカジュアルなスクールを作ったらみんな
きっと助かるはずです。

私の考えるこれからの美容業界

現在、美容業界はどこも人材に悩まされていると思います。
もれなく、私のサロンも人材不足で悩ましい時期が多々あります。
世の中を見ても、美容師になりたいと志す若者も減っていますし苦労してヘアスタイリストになっても諸事情から業界を離れて行く人も数多くいます。
この現象を作ったのは、これまでの業界の在り方や人の雇用の形態にあるのではないかと思います。
休みがない給料が安い、モチベーションの作り方がわからない。
根本的な、意思疎通ができていない。。などなど理由は巷で聞かれるようなことがほぼ
真実だと思います。
これからは、日本人が足りないのであれば外国人を雇用する。
これが、普通になる時がもうすぐ来ると私は思っています。
そして、それでいいのです。
この素晴らしい職業を絶やすことは、とても勿体無い。
だとした、この仕事に夢と幸せと豊かさを求めている人が働く。
人種なんて関係ありません。人が人をつないで行くのだから。
早く、そこに気づいてそのシステムを構築すべきだと。
そして、日本人だなに人だかではなく技術の共有や文化の共有、そして日本ならではの素晴らしいサービス業の共有をして行くことが望ましいと。
私も、数年後は外国人を雇用しているはずです。。。
とても、楽しみです。
そして、雇用形態、勤務時間、休暇、福利厚生この辺を明朗にして当たり前の職場を目指すべきです。
きっと、その環境が整えば日本の美容師さんも満足度が上がり好きな仕事に打ち込めるのではないかと思います。
今は、変革期です。これまでの古い体制から新しい多様化した体制に変化していくとても面白い期間だと捉えています。
今までできなかったことが可能になり、さらに自分の職場や仕事を好きになる。
生涯この仕事ができるようになる。夢が夢で無くなります。
だから、自分のやりたいことを形にしていく行動を今、起こすべきです。。

これからの美容師とは、、

技術に特化した人、接客に特化した人、これまでは、この2パターンがメインだったように思います。
今は、美容師の多様化が当たり前の時代に突入しています。
SNSでいろんなことレクチャーする。マーケティングする。お金のことをレクチャーする。海外と繋がる。介護美容。パーソナルサービス。などなど多種多様なポテンシャルを見せてくれています。
これからは、美容師としての全てを持っていてもそれだけではダメなのではないかと。

うちのサロンでは、各自それぞれ何か一つ別のことのスペシャリストになるというテーマがあります。
ヘアスタイリストという1面だけではなく、また別の顔を持つことで収入のアップや
世界の広がり人との繋がりそこから、社会を知ることができる。客観的に、自分のいる業界のことを見ることことができるようになる。
自分の仕事と向き合い、ライフステージを考え生涯の仕事を見出す。
一つの仕事で生涯生きていけるか、、、それは、もう厳しいのではないかなと私は思っています。
人生は、短い。
まず、一つ自分で稼げるものを持って確立することができたら興味のあることにどんどんチャレンジしていって欲しいです。1つの事しかししてはだめという風潮が長きに亘ありましたがもう、、ナンセンスです。自分をいかせることは、どんどんするべきです。そして、自分を生かし社会貢献になることを行なっていけば自分を豊かにできるようになると思います。
うちのサロンは、WワークOK. 働きながら、違うことを学ぶのもOK.
サロンに縛り付けるなんて、ナンセンスです。
生きていかなきゃいけない。その力をつけることは、応援する方が気持ち良いですから!!
肩書きをたくさんもつ。これもまた、面白いと思います。

始まり

東京の下町にあるとある美容室。長屋と高層ビルのひしめく不思議な情緒漂う街に
Clover salonは佇んでいます。
時代に流されるコトなく、そこに在り続けるには。。。。。
私が、最初にここで感じたことは「近所のタバコ屋さん」何年も変わらずそこにあり続け同じものを同じように売り続ける。「普遍的」
わかりにくいかもしれませんが、年齢問わずそこにいけば安心して同質のサービスが受けられる。これが、お客様の安心に繋がるのではないか。。。
美容室は、人に人が付きやすい商売です。
でも、そこのサロンはどのスタッフに施術してもらっても違いはあれど心地よく満足する。スタッフも安心してお休みをいつでも取れるしお客様も安心していつでもこれる。
そんなサロンを、目指したいなと。。
安心して永く愛用していただける人と環境に優しいプロダクトのセレクト。
(今や、スタンダードになりつつ在るオーガニックにいち早く着目していました。)
地域に愛されるサロン。スタッフが、幸せに豊かになるサロン。
これが、テーマとなり。
cloverの始まりです。

スタッフと私の関係

2008年から始まった、スタッフと私の関係。

普通のサロンとは、一味ちがう関係です。

少し、私のことに触れます。

私は、23歳までしかヘアサロンに雇用されて働いたことがありません。

実質、4年半です。そこからは、フリーランスとして美容師、ヘアメイクを地元大分県大分市で25歳までしていました。

そこから、単身渡米しニューヨークで5年間ヘアスタイリスト、サロンマネージャーとしてLower eastside – Noho-Midtownとサロン勤務し31歳で日本に帰国しました。

少し風変わりな職歴です。そのため、月給というものを4年半しかいただいたことがありません。

生活費が足りなければ、カフェでアルバイトするとか2束のわらじをはきヘアスタイリストで生計が立てられるようになるまで頑張りました。

お金がないことは苦ではありませんでした、大変な時期はいろんなアイデアが出てきます。ヘアスタイリストとして多くのお客様に支持していただくにはどうすれば良いか

時間があるということは逆にいろんなことを試したりチャレンジしたり学んだりできる時です。

辛いというよりは、とてもありがたい時間でした。

このような経緯から、月給感覚のない私には雇用されているという感覚が少し理解できづらいのです。

故に、スタッフ(私が雇用していますが)は、自分で考えて動かなくてはなりません。

最低限のルールしかないので、あとは自由です。

私からの押し付けがましい接客指導や、技術指導などは一切ありません。

私にとって、共に働く人は同志です。

私には、ないものをみんなは持っている。

いろんな個性があるからいい。これが、クローバーの在り方です。

もちろん、私が得た知識や経験求められていることは全て提供します。

メンタルの強化が必要なスタッフ、もう少し先を見てプランニングし丁寧にコトを扱えるようにできるようにしたあげたいスタッフ、育児と仕事のバランスを焦らずにできるように環境と心を整えてあげたいスタッフ、などなどそのキャラクターに合わせた私なりの伝え方をしています。

私の苦手な交渉や、細かい作業は逆に全てスタッフが行ってくれます。

交渉などに、基本私に権限はありません(笑)

各担当のスタッフがまず判断し、私に通す価値のある内容かどうかを判断してくてます。

その理由まで、事細かに教えてくれます。

本当に、ありがたいなと思っています。

スタッフと私の関係は、いわばイコールです。

私は、偉くなんてありません。それで、いいのです。

自分を履き違えることもなく、まっすぐに進んでこれているのはこれまで卒業していったスタッフを含め全てのスタッフのおかげです。

感謝。これに付きます。

ちなみに、うちのスタッフはミーティングを「keiko塾」と呼びます。。。

コーチングスキル、メンタルスキル、弱点強化、などなどお題は色々。

プレゼンターは、毎回順番で回ります。お題も、自己発信。プレゼンテーションしなくてはなりません。

考える力が、どんどん育ちます。なかなか、面白いですよ。